サークル活動の近況について〜慰霊の日によせて〜

一昨日、沖縄は慰霊の日を迎えました。

「みるく世ぬなうらば世や直れ」

平和祈念公園で営まれた追悼式で、中学生の上原さんが読んだ詩が心に響きました。詩の中で引用されたこの歌は宮古民謡「豊年の歌」の一節、「平和な世がやってきて世の中がよくなりますように」という意味だそうです。重い税金をかけられていた時代の島民の願いをうたった歌を、上原さんが追悼式で引用したのは、戦争体験者が減る中で平和の尊さを若いご自身たちが伝えていかなければとの想いからだそうです。

今、まさにコロナ禍、早く世の中がよくなるように、普通の生活にもどれるようにと、みんなが願っていることでしょう。私たちのサークルは、毎年、慰霊の日にあわせこの時期に沖縄音楽のコンサートを開催していましたが、昨年に続いて今年も残念ながらコンサートを開催することができませんでした。もちろん高齢者施設やイベントでの演奏活動もコロナの影響で行えない状況がずっと続いています。

今年に入って練習だけは感染予防対策をとって再開してはみたものの、春からの感染再拡大を受け、現在は練習を含め活動自体を完全に自粛しています。せめて無観客での配信コンサートなどできないものかと検討もしてみましたが、結局それも断念しました。今はメンバーそれぞれが自宅で自主練習に励みながら、活動再開の時期を待っているところです。

皆さんと一緒に歌って踊れるのはもう少し先になりそうですが、活動が再開しましたらこのホームページやSNSでお知らせしたいと思っていますので、もうしばらくお待ちください。

世や直れ~ 三線サークルゆんたく 代表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください